自分でやっちゃえ その場でやっちゃえ ござを敷く 部屋の形に合わせた寸法直し

自由に切れる上敷き フローリングでも使える唯一の上敷きござ

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

サイズオーダーで上敷きござを作ると仕上りがプロです、まぁ、そりゃそうだ。

っで、採寸が面倒だ、いや、採寸自体に自信がない、、、ということもある。

自分で測ってみたものの、ほんとにこれでいいのか? 間違っちゃいないか? とね。


そんなときには「自由に切れる上敷き」を使って、その場に敷いてみてからザクザクと切って、部屋の形にしてくのが一番だろう。

これで失敗をしたら、、、それは・・・・なんでしょう・・・・。


多くの場合、角からスタートするだろう、部屋の角に上敷きの角を合わせてからスタートだ。

出っ張り、へこみ、などの位置を確認しつつ、ポイントごとにハサミで切っていく。


あ、そのとき使うハサミは大きなハサミがいいだろう、切りやすい。


切った部分には補修用ヘリテープNo.1を必ず貼ってください。




和室に敷く敷物として上敷きがあるんだけど、この自由に切れる上敷きだけはフローリングの上でも敷けます。

裏面に特殊な加工をしてるから、ザクザク切ってもバラバラにならないんだけど、その加工面をいかして床の上で使うこともあるんだよね。


い草カーペットをリビングで使う。

こういう一昔前ではできなかった使い方ができます。


普通の上敷きはフローリングは避けてね、この「自由に切れる上敷き」 だけ。




自由に切れる上敷き フローリングでも使える唯一の上敷きござ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

神棚の雲板・・・サイズ、位置、向きなどについて