大型の一社神棚 大神明一社 尾州桧の祭り例

大神明一社 尾州桧 神棚

https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0065/

一社の神棚としてはやや大きめの大神明一社の祭り例のご紹介です。

三社に比べると一社ではボリュームが出にくい面もありますが、神具を綺麗に配置しておくとそれなりにダイナミックに感じると思います。

神鏡を扉の前に配置した関係で2寸サイズを使ってみましたが、階段前に置く場合には2.5寸でもいいと思います。



今回使った日本製神具は【上彫神鏡2寸と神具一式セット
上彫神鏡2寸 高さ約11.2cm
真榊 丸台 豆:木製木軸台仕様 高さ32cm
かがり火高さ約7.5cm
セトモノセットB(小)
豆八足台7寸


棚板を使って祭る場合には棚板の幅との関係があるので、場合によっては神具サイズをワンサイズ下げて極小セットで祭ってみてもいいですよ。




【神具】 大神明一社神殿 神棚
---詳しい紹介---
外寸
高さ47cm 幅38cm 奥24cm
内寸(本社)
高さ31cm 幅13cm 奥9cm


備考
内寸(本社)とは中心扉の内側、すなわち御札を入れる空間を指します。
 本格的な檜(ヒノキ)造りで材料を吟味した高級感ある神殿です。
材料:尾州檜




大神明一社 尾州桧 神棚
https://item.rakuten.co.jp/omakase/kamidana0065/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

引目織りと双目織りの違い

神棚の特注・オーダーメイドについて

神棚の雲板・・・サイズ、位置、向きなどについて