2012年11月29日木曜日

小さなクッション・・・衝撃緩衝材

小さなクッション・・・衝撃緩衝材

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000467/


あったら便利なものに梱包材がありますが、送られてくる事は多くても送る機会がないなんて場合の方が多いのかもしれません。


下宿している子供への仕送り品などの中に割れては困るものがあれば、こういうクッション材を使うと便利です。


だいたい、梱包を素人が行うと破損してしまう。

たかが梱包、されど梱包・・・・・結構奥が深いもんです。



主に隙間を埋める梱包材がこれ。


メイン梱包材ではなくて、サブの梱包資材として使ってみてください。

箱の隙間を埋めて中の荷物の動きを封じ込め、そして投げ飛ばしや落下したときに少しでも衝撃を吸収してくれます。


バンバン使うものではなくて、まぁチビチビ?ですね。


50袋っていうのは、上の写真のものが50個入っているということです。



梱包用 衝撃発砲緩衝材
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000467/




興味のある方は是非ご覧ください。

2012年11月21日水曜日

一番小さい棚板・・・神棚を置くための板

棚板セット 膳引きなし 幕板なし

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/


既成寸法で一番小さい棚板セットのご紹介です。


膳引きと幕板はありません。


膳引きというのは引き出しのことですので、特に引き出して何かを置くこともない場合には必要ありません。


そして幕板もありませんので、神前幕をしない、注連縄もしないのであれば幕板はいりません。






一番簡単な仕組みで作っています。

取り付けは日曜大工で設置でき、必要なものはトンカチぐらいでしょうかね。


クギなどは入れてあります。



寸法を見ればわかりますが、大きな神棚向きではありません。

ただ、もし板だけを取り替えて別のものと入れ替えるのであれば大きなものでも大丈夫です。

神棚や神具を乗せる程度であれば重さもそれほどないと思います。



簡易タイプでいいから便利な棚板セットをお探しなら使いやすいはず。

サイズや形式は全部で9種類あります。



棚板セット 膳引きなし 幕板なし
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000122/




興味のある方は是非ご覧ください。

2012年11月15日木曜日

日本流の運試し・・・良くも悪くも楽しめるのが「おみくじ」

おみくじ占いで販促してみませんか?

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000191/


運が良いのか悪いのか、運だけなのか日頃の行いのせいなのか・・・・・。


世の中にはことごとく成功していく人がいます。

その反面、ことごとく失敗してしまう人もいる。


一体、その境目にあるものは何のか?・・・って考えてみても始まりませんね。



成功も失敗もないのが御神籤。


大吉だろうが凶だろうが、結果を笑い飛ばすぐらいでちょうどいいのかも。





お客さんに引いてもらうと喜ばれます。


レジで引いてもらうのもいいでしょうし、店が広くてお客さんが多いところなら店員さんが廻りながら引いてもらってもいい。


何か人を楽しませるグッズを探しているのであれば、「御神籤(おみくじ)」を加えてみてはいかがでしょうか。



内容はシッカリしたもんです。

嫌味もなく怪訝になることもないはず。


今日の運試しだと思って、引く側もちょっとドキドキ、そしてワイワイ引いて楽しんでくれると思います。





おみくじ・・・・結構楽しめると思います。
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000191/




興味のある方は是非ご覧ください。

2012年11月8日木曜日

神鏡・・・・・それは太陽

神鏡・・・・・それは太陽

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000129/


おまかせ工房では「極上竜彫神鏡」・「竜彫神鏡」・「雲水彫神鏡」・「上彫神鏡」・「神鏡」・「神鏡(雲形)」の6種類を販売しています。


どれを選んだらいいのか・・・・・それは好きな形をどうぞ。


それほど形には意味が含まれていませんが、神鏡、雲水あたりが一番多いはずです。


雲形は神道向けですので、祭壇でも神棚でも使えます。









普通、神鏡は扉の前に置くと思いますが、階段の前でも大丈夫です。


置いてみてちょっと大きかったかな?と思ったら階段の前においてみてください。



神棚一台に対して神鏡も一台。


稀に扉ごと置くこともあります。



決まりきった置き方はありませんし、こうしなければならないという決まりは一切ないのが神道の特徴です。


ただ、一台だけというのが多くの人達のしている祭り方。





神鏡
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000129/




興味のある方は是非ご覧ください。